【キャンプ場レポートブログ】電車で行ける!奥多摩 川井キャンプ場 

キャンプ場
川井キャンプ場
うだまる
うだまる

東京都内にあるキャンプ場
「川井キャンプ場」に電車で行ってきましたのでご紹介します!

川井キャンプ場は多摩川の河原にあり、夏でも涼しさを感じることのできるキャンプ場です。 
今回は、バックパックに荷物を詰めて電車で行ってきました!
JR青梅線の川井駅から徒歩で約10分 ほどです。
車では、東名高速「秦野中井IC」を下りて山道を通って20分程度です。

電車・徒歩キャンパーに優しいアクセス
ソロキャンパーに優しい
今時めずらしく、直火がOKなキャンプ場

「川井キャンプ場」はどんなところ?

川井キャンプ場
広々した河原サイト

川井キャンプ場の概要は以下です↓

東京都内で電車で行ける貴重なキャンプ場で、週末や連休はデイキャンプ・BBQの方も多く賑わいます。河原サイトはかなり広いので、土日でも比較的余裕があります。

住所〒198-0103 東京都西多摩郡奥多摩町梅澤187
アクセスJR青梅線 川井駅 徒歩で約15分
「日の出IC」から約40分
電話428852206
料金河原サイト 通常 1名/1,500円 GW・夏休み 1名/2,000円
林間サイト 3名4000円 4名7000円
常設サイト 10000円
 ※GW・夏休みは+2000円
予約方法予約はWebから
チェックイン時間河原サイト AM 8:30~
林間・常設サイト PM14:00~
チェックアウト時間AM 12:00
公式サイトhttps://www.okutamas.co.jp/kawai/
つー
つー

朝の8:30から次の日の12時まで滞在できるので、一泊二日でも時間に余裕がありました!今回は、大人2人で河原サイトで合計3,000円でした!

PayPayでの支払いもOKでしたよ!

公式Instagramでも、キャンプ場の様子やイベント情報が発信されているのでチェックしておくことをお勧めします!

川井駅~川井キャンプ場への行き方

JR青梅線 川井駅(新宿から約1時間40分ほど)から歩いて約10分。

駅から見える奥多摩大橋の方向へ歩けば、その下が川井キャンプ場になっているので目印がわかりやすく、迷うことはなさそうです。

奥多摩大橋
奥多摩大橋

駐車場には、「川井キャンプ場」の看板が出ており、車の場合はこちらに駐車して受付をします。

荷物の運搬時にのみ、河原のサイト付近に横づけが可能です。

駐車場

受付・サイト

受付では、用紙に住所や氏名などを記入して支払いをします。河原サイトは大人1人で1500円です。

PayPayも使用できて便利でした。

売店・自動販売機

受付横には、売店・備品貸出しの場所となって、朝8:30~夜20時まで営業しています。その後も、スタッフの方や警備員がいらっしゃいました。売店では、キャンプ道具やBBQ道具の貸し出しもしていますので、こちらをチェック。

水は、2Lで250円と少々割高でしたが、荷物は持っていけなかったので購入しました。

氷・カップ麺・薪などのキャンプ場の売店に置いてあるものは一通りおいてあるので安心です。

受付の前には、(24時間使用可能な)自販機があり、種類も豊富にありました。

受付前の自販機

キャンプサイトへ

受付を済ませると、坂を下って河原へ向かいます。

うだまる
うだまる

この坂が、なかなかの激坂です。

車に荷物を積んでいる場合は、この坂も下れるので安心してください!

坂を下って、左手が宿泊者用・右手がデイキャンプ用だと案内されました。

こちらに、一時的に車を停めて荷物の運搬が可能です。

左手が宿泊用・右手がデイキャンプ用

土曜日の10時ごろにチェックインしましたが、すでにある程度の人がいるようでした。テントを張る場所に困るほどではありませんでしたが、デイキャンプの方も多く、昼過ぎから多くのお客さんでにぎわっていましたので、場所選びは運もありますが気を付けたいところで

河原サイト

ソロキャンプで静かに、キャンプをしたいという方はなるべく奥のサイトがおすすめです。

日陰があまりないので、高い位置にある木陰も人気エリアのようでした。

河原サイトなので、奥には多摩川が流れています。川の近くは、よりプライベート感を感じたい方におすすめです。ちょっとした手洗い用や涼んだりといった使い方もできます。

河原サイト

林間サイトは涼しくて良さそう

河原サイトの上には、林間サイトがあります。

こちらは、14時からチェックインになりますが、水道やトイレが近くて木陰にもなるので、少し値段も高くなりますが、夏は過ごしやすそうです。

林間エリアには、常設テントもあります。

林間サイト
林間サイトの水道
林間サイトのトイレ

場内の設備 全体的に清掃されていてキレイ

キャンプ場は利用者が多いですが、清掃がしっかりされていて快適に過ごすことができました!

炊事場・水道

林間サイト・河原サイトの入り口に水道があります。

お湯は出ないですが、食器や水汲みなどは問題なくできそうでした。

トイレ

受付付近と林間サイトの中にあります。

こちらも、しっかり清掃がされていて綺麗なトイレでした。

シャワー室

歩いて行ける範囲に入浴施設がないので、徒歩・電車キャンパーは場内にあるシャワー室を使うことになるでしょう。男女別でそれぞれ2つのコインシャワー室があり、300円で5分間使用できます。

お湯が出ている間なので、300円あれば割と余裕をもって使用できました。

コインを投入してから、お湯が出ている間が時間にカウントされます。
キャンプ場のやさしさでしょうか(?)、時間が7分に設定されていました。

ちなみに、今まで行った中で有野実苑キャンプ場は貸切風呂もあって快適でした↓↓

【快適で高規格】千葉 有野実苑オートキャンプ場で冬キャンプ

スーパー・コンビニ

歩いて行ける範囲に、スーパーや商店など買い物ができる場所はないので、事前に買い物をしておきましょう。近くにある買い出しスポットは、川井駅の一つ前の駅”古里駅”にある坂本商店セブン-イレブン 奥多摩古里店になります。

川井駅付近には、ありませんのでご注意を。

【分別ルールに注意!】ゴミ捨て場

ゴミ捨て場も、しっかりと整備されています。

可燃ごみ・ビン・カン・小さな金属ごみなどはコチラで捨てることができます。レジャーシートや大きなものは捨てることはできません。

チェックインの際に、ゴミの分別についての紙をもらえるのでチェックしておきましょう。

灰捨て場

直火がOKなキャンプ場で、林間サイトでは炭捨て場をみかけましたが、スタッフの方に、「直火OKだし、ほかのお客さんがそのあとで焚火するからそのままでいいよ」と言われました。

他のキャンプ場とは、違う姿勢だったので驚きましたが、そのままでもOKなようです。

むしろ、丁寧に炭を捨てようとするとあまり場所がないので困りました。一応、受付の下にある台車の上に入れてよいとのことでした。

深夜に騒がしい利用者がいました

どのキャンプ場でも起こりうることですが、この日は運悪く深夜まで飲酒をして、酔って騒いでいるおきゃさんの近くになっていまいました。

他のキャンパーさんが、中止してくださいましたが、それでも収まらず。。

ダメ元で、キャンプ場へ連絡してみると、見回りの警備員さんが対応してくれて、助かりました。

自分で注意するのには、トラブルのリスクもあるので困ったら電話をしてみるのは良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

川井キャンプ場は、アクセスが良くて、フリーサイトは予約不要なので気軽に行けるキャンプ場です。

住所〒198-0103 東京都西多摩郡奥多摩町梅澤187
アクセスJR青梅線 川井駅 徒歩で約15分
「日の出IC」から約40分
電話428852206
料金河原サイト 通常 1名/1,500円 GW・夏休み 1名/2,000円
林間サイト 3名4000円 4名7000円
常設サイト 10000円
 ※GW・夏休みは+2000円
予約方法予約はWebから
チェックイン時間河原サイト AM 8:30~
林間・常設サイト PM14:00~
チェックアウト時間AM 12:00
公式サイトhttps://www.okutamas.co.jp/kawai/

コメント

タイトルとURLをコピーしました